ただみ、る

のうないのぐちゃぐちゃ

えらそうに

眠れないと 時間があると、

今まで吸収した言葉を掘り起こして考えてしまうので 記録のために。

 

ブログって 今まで友人に

私ってこんなに楽しい日々を送ってるんだぜ

ってアピールだと思ってた。

逆もあるけど、

なんかのヒロインになりたいわけだと。

自分自身 特に書くことも

アピールすることもないし、

誰かのブログを見て 何も思わなくなって

辞めた。

 

脳内がぐちゃぐちゃで

何を思うと つぶやいて

そろそろ、安易に言葉に出すのは辞めよう。

という気持ちになった。

けど 残すことで振り返ることはできるから

それは続けたい と思った。

ということ。

 

登録やらなんやらしているうちに 

カーテンが明るい。

また新しく1日が始まる、実感する。

嫌だなあ ってマイナスからいつも

 

思っていることも 簡単で

薄っぺらいし 結論なんてないけど

私はそれを 自分なりに考えている時間が

とても好きだったりする。

 

なんであの人はこう言ったのか

その行動をとったのか

あー言っときながら とか

いろいろ思う。

 

それを落としてくれるのが

31歳のおじさんだった。

おじさんは 私のことが大切だと言う。

私のことをよく考えると言う。

「貴女の芯を誰かが掬って それが崩れてしまったとき 貴女は多分壊れてしまうんじゃないかって不安だ」と言っていた。

なかなかに そんなことはないように振舞っているけど また誰とも話せなくなる時が来るのが怖いなと思った。

そのなかで そこまで考えて 理解しようとしている彼に嬉しさもあった。

 

けれど そう言う人を失った時、その人から裏切られた時、私は震えて泣いて 何もかも怖くなるんだなあと思う。怖い、

 

結局病気は治ってないんだなあと思う。

 

毎日美味しいもの食べて、飲んで

幸せ って呟けるようになりたい。

 

そんな薄っぺらいのも 嫌だけど

美味しいには 何も叶わないね。

次に寝て 起きたら、好きなものを食べよう

 

それが1番幸せなことだ。